【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 平茶碗 弥七田手織部 加藤弥右衛門窯【smtb-KD】:いまや茶の湯日本茶・今屋静香園 - d67fa

2019-09-09

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 平茶碗 弥七田手織部 加藤弥右衛門窯【smtb-KD】
配送〇代金引換・カード決済の場合・・
●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●
午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)
サイズ約14.4×16×高5.9cm
作者加藤弥右衛門窯
木箱
  (り)
【コンビニ受取対応商品】

 美濃焼作家:加藤十右衛門氏(1894〜1974)
※昭和15年大萱八坂窯を開(明治24年〜昭和49年)
※1958年岐阜県の無形文化財になる

 美濃焼作家【加藤弥右衛門】名:輝夫 

 ※美濃焼作家・加藤十右衛門の三男。窯名:八坂窯
※昭和17年生まれ〜
※小谷陶磁器研究所にて学び、後に父の加藤十右衛門氏に師事する。
○桃山時代に黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部が多く焼かれた大萱の地の古窯弥七田の隣地に大萱窯を開く

平茶碗 弥七田手織部 加藤弥右衛門窯

平茶碗 弥七田手織部 加藤弥右衛門窯


・・・・・<参考資料>・・・・・
●天正年間頃、主に美濃系窯で焼かれた総称・・
【陶芸用語大辞典】より
一、安土・桃山期から江戸初期にかけ、千利休の高弟の茶人で大名でもあった古田織部正重然の好みを導入して岐阜県東部の美濃窯で焼かれた個性と創造性豊かなやきもの。
一、織部の器物の形状は一般的に歪んで多角形のものも多く当時としては異様、異端でありエクセントリックかつ奇抜であった。自由奔放な不整形が基本なので、成形には型が多く用いられ、色彩は黒、濃緑、赤などが好んで多用され、色釉も染分けなどのテクニックを使った。
一、今日、織部といわれるものは茶道具が主で茶碗、茶入、水差し、香合、鉢、皿、向付、徳利、盃などの種類がある。総織部、織部黒、青織部、赤織部、絵織部、鳴海織部、志野織部などに分類される。
送料無料
織部焼・大萱窯・瀬戸焼き
価格
40,880円 (税込44,150 円)送料無料
1〜2日の発送可能
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • コンビニ受取
  • ロッカー受取