女の子 四つ身 七五三 kitayama-120609-1:着物と寝具専門店【久五郎】 - 0f652

2018-12-02
カテゴリトップ > 呉服コーナー > 子ども > 七五三
女の子 四つ身 七五三 kitayama-120609-1正絹(絹100%)

※仕立代別途必要
仕立(20,000円)+胴裏(10,000円)=30,000円

※光の加減やブラウザ環境等により、写真と実物では多少異なることがございます。あらかじめご了承下さい。
※お仕立て込みはオーダー商品となりますので、キャンセルできない旨ご了承くださいませ。
※寸法のご確認は、ご注文後当店よりメールでご連絡させていただきます。 なお、お仕立てをご希望頂いた場合は、2週間程度必要となります。仕上がり納期については後程ご連絡致します。

★当店専属の仕立屋さんがお客様の寸法に合わせてお仕立て致します。当店は全て手縫い仕立てになります。
【お仕立て】を希望された場合・・・・買い物かごの中では仕立込み金額になっておりませんが、そのまま進んで頂きお手続きをして下さい。後にこちらで再計算をし、正しい金額を再度お知らせ致します。お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。

七五三祝着 四つ身

七五三

女の子四ツ身 正絹 着物

■正絹(絹100%)

■当店特別価格
 168,000円(税込)


七五三参り こんなに大きくなりました。

七五三祝着 四つ身

ライン

裾模様

ライン

柄

ライン

生地アップ

ライン

生地アップ

ライン

■七五三とは・・・
現代では11月15日に子供をお宮参りに連れて行くとされる、七五三という儀式。
子供の成長を祝う儀式は古くからあるのですが、いつごろから始まり、どのような意味を持っているのか、ご存知の方は少ないようです。

三歳の女児、五歳の男児、七歳の女児のお祝いの儀式である七五三。
この七、五、三と言う数字は中国の陰陽道からきているもので、日本には千年以上も前に伝わってきた思想です。
それによると奇数が縁起の良い数であり、現代でも習慣として残されています。
慶事のお祝い金などは二、四、六などの偶数にしないのが、それに当たります。

昔は今のように医学も進んでおらず、子供の死亡率はとても高かったようです。
そのため、現代にもまして、子供の健やかな成長を祝う気持ちも切実だったことでしょう。
七五三の元になった儀式は平安時代に生まれたもので、三歳頃に『髪置の儀』(かみおきのぎ)として、それまでは剃りあげていた髪を伸ばしはじめるという儀式がありました。
もう少し成長して五歳ぐらいになると、男女共に袴をつけはじめる『袴着の儀』(はかまぎのぎ)を行います。これは武士の時代になると、男児の武運長久を祈る儀式にもなりました。
七歳ごろまでに行われる『帯解の儀』(おびときのぎ)は、それまで子供の着物に付けていた紐をはずして帯を締め、大人の仲間入りをする儀式です。

これらは、いずれも平安時代には身分の高い人の習慣であり、それぞれ三〜七歳の間にすればよく、いつと決められていたわけではなく、日付も十一月十五日ではありませんでした。
今の形に定着したのは江戸時代頃のようで、江戸庶民が裕福になってきたことと、犬将軍で知られる徳川綱吉の子、徳松のお祝いを陰陽道の吉日を選んで十一月十五日に行ったことによります。この習慣は関西よりも関東の方が盛んなようで、江戸の繁栄とともに
流行したそうです。

千とせあめは文字どおり長寿を願った縁起物。子供の歯が丈夫になるようにという「歯固めの儀式」の時に固いものを食べさせたことと、長いものが長寿を運ぶという意味から、七五三のお祝いに使われるようになったようです。

華やかな四つ身の着物です。七五三のお祝いにぜひお使い下さい。
価格
168,000円 (税込) 送料無料
仕立て   
10日前後の納期になります。
残りあと1点です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送